取立て行為の規制 (とりたてこういのきせい)

とは

貸金業を営む者または取立ての委託を受けた者は、人を威迫し生活もしくは業務の平穏を害するような言動の禁止など、「反復継続して電話や訪問をすること」「保険金による債務の弁済を構成又は示唆すること」などは許されない。と規定されています。