停止条件 (ていしじょうけん)

とは

条件の成就によって効力が発生する契約のことをいいます。例えば、試験に合格したら家をあげるという契約であれば、契約の効力は試験に合格してはじめて効力が生じることになります。