代襲相続 (だいしゅうそうぞく)

とは

被相続人の子または兄弟姉妹が相続開始以前に死亡していた場合であったり、相続欠格または相続人廃除があった場合には、その者の子(被相続人から見ると孫など)が相続することを代襲相続といいます。