抵当権 (ていとうけん)

とは

債務者または第三者が占有した状態で、債務の担保に供した不動産について、その設定順位に応じて、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利のことをいいます。その効力は目的である不動産に賦課して一体となっているものに及ぶものとされます。

この抵当権は、担保として差し出した不動産に登記される債権者の権利なので、返済が不可能となった場合には、債権者はこの権利を行使して不動産を競売し売却代金で債権の回収をおこないます。