住宅ローン相談 取引事例比較法

取引事例比較法 (とりひきじれいひかくほう)

とは

不動産鑑定評価の手法の一つで不動産の価格を求めるもの。

対象不動産と条件が近いまず多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行ない、選択した取引事例について事情補正および時点修正を行ない、さらに選択した取引事例について地域要因の比較・個別的要因の比較を行ない、こうして求められた価格を比較考量し、これによって対象不動産の試算価格を求めます。