住宅ローン相談 利息制限法

利息制限法 (りそくせいげんほう)

とは

金銭の消費貸借契約で、債権者の不当に高い利息を制限するために最高限度を定めた法律のことです。

契約で、その利息が次の利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について無効となります。元本が10万円未満は年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上の場合は15%です。