特定調停 (とくていちょうてい)

とは

債務整理の一種で、裁判所が、債務者と債権者の話し合いを仲裁し、調停委員の下で返済条件の軽減等についての合意が成立するよう働きかける制度で、主にカードローンや消費者金融などの過払い金の返還請求での利用が多い制度です。