組めてまとめる 借金と住宅購入の 相談事例

相談事例 内緒の借金 家が買えないとマズい状況に

結婚することになったのですが、親が新居を買えと言い出し、相手の両親も同意してしまい困っていました。

次の給料日までのつなぎのお金を消費者金融でちょこちょこ借りるのが癖になって、合計で230万円の借入額になっていました。その借金状態では住宅ローンを借りられない可能性が高く、借入のことは誰にも話していなかったので、相手の両親に知られるとマズいし…

28歳 男性 会社員

大学を卒業して給料が20万円の時から、次の給料日までのつなぎのお金を消費者金融でちょこちょこ借りるのが癖になっていまして、銀行のキャッシュディスペンサーと同じ感覚で使うようになっていました。前の借入分を完済する前に追加で借りてしまっても「これぐらいならすぐ返せる。」という気軽さでずっと続けていました。今考えると怖いです。

給料が上がってきてもその癖が抜けずに、徐々に借入額が増えてしまい、返済もきつくなって、ちょっとマズいことになってきたなと思ったときには、合計で230万円の借入額になってしまいました。

ここにきて、結婚することになったのですが、親が新居を買えと言い出し、相手の両親も同意してしまって困ってしまいました。今の借金状態では住宅ローンは借りられない可能性が高く、借入があることは誰にも話していなかったので、相手の両親に知られるとマズいし。そこで、こちらサイトを通じて住宅ローン相談の面談予約をしました。

「滞納はしていないはずです。何とかなりますか?」と初めての面談で私から切り出しました。「個人信用情報上で支払いの遅れなどがない事が確認できれば、大丈夫だと思います。」とのお言葉を頂いたので、全てをお任せする事としました。

翌日すぐに個人信用情報を取り寄せ確認したところ、滞納などの事故歴はなかったので良かったのですが、物件探しに両親が口出しをしそうだったので、「物件が高いとか安いとか、場所がいいとかダメとか、一切口出ししないで欲しい。」と釘をさして、物件探しを進めました。というのも自分の借金をまとめて住宅ローンにしなければならかいので、介入されると困るからです。

担当の方の協力もあり、無事に物件が決まり嫁さんも両親も納得してくれました。私自身は何よりも自分の蒔いた悪い種を刈り取ることが誰にもバレずに出来たことで、満足しています。