組めてまとめる 借金と住宅購入の 相談事例

相談事例 組める条件 いくつものハードルを乗り越えました

子供の学区のエリア限定、マンション希望、年齢、借金など、私の家の購入にはハードルがいくつもありました。最初は、他社で住宅ローンが否決されて、自分では何が原因かもわからなかったのですが…

46歳 男性 (妻、子供2人)

私は年齢が46歳になります。年収は650万円程で借金がカードローンで220万円ありました。こちらにご相談して、いろいろ手間をお掛けしましたが何とか家が購入出来たので、ようやく今一息ついているところです。

私の家の購入では、ハードルがいくつもありました。

最初は、他社でいきなり住宅ローンが否決されて、何が原因かも自分ではわからなかったこと。それと、妻の要望によって学区限定でマンション限定という条件です。学区内のマンションは相場が高いうえに数が限られていて、物件がほとんどないとういハードルもありました。加えて、私の年齢の関係で住宅ローンの組める年数が短く、そのせいでローンを組める上限の価格が、かなりギリギリでだったことです。

その後、ローン否決の原因が昔の未払いにあり、信用情報に傷(異動が載っていました)がついていたことを発見できて、担当者さんのアドバイスによって、対策を講じました。それと運が良い事に信用情報の傷を除去できてすぐ、一軒だけ希望の物件が売りに出たこと。そして購入価格は私の年収ギリギリでローンを組める価格であったこともあり、すぐさまこの物件の購入をお願いすることにしました。

最後に私の借金分の処理も含めてすべての作業をお願いして無事購入することが出来ました。私のケースでは、いくつものハードルがあったので恐らく担当者さんも大変だったと思います。けっこう厄介なお客さんだったと思いますが最後までよく面倒を見ていただきまして大変感謝しています。